最新ニュース一覧



























































カテゴリー
“婚活” の厳しい現実…低年収の男性には会おうとすらしない女性が多い



1: ボラえもん ★ 2021/03/16(火) 18:03:44.10 ID:kq7ecZBB9
 女性が婚活で結婚するときにこだわるのが、お相手の年収でしょう。
男性の年収が低いと、婚活アプリでも相談所でも、会おうとしない女性が多いのが現状です。
結婚は、日々の生活です。ただ好きな感情だけでお付き合いをしている恋愛とは、そこが違います。

ライターをしながら、仲人として婚活現場に関わる筆者が目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考える連載。
今回は、『男性の年収にこだわることは大切か否か』について考えていきましょう。

■自分と同じ年収か、それよりも高い男性を希望
外資系のIT企業に勤める由恵さん(41歳、仮名)の年収は、800万円。
入会面談にやって来たときに、こんなことを言っていました。

「ウチの会社の男性は、40代ですと、みなさん1000万円以上稼いているので、
できたら、私と同じくらいか、それ以上の男性とお見合いしたいのですが」

そこで、私は言いました。

「800万円以上の男性を限定してお見合いしていくのは、とても難しいのが現状ですよ。
40代で800万円以上ある男性は、30代の女性とお見合いをしたがります。
また、800万円以上あれば、30代の女性とお見合いが組めてしまいますから」

すると、由恵さんが尋ねてきました。

「平均年収って、どれくらいなんでしょうか?」

厚生労働省の令和元年の調査によると、男性の平均年収は423万円となっています。
ただ昨年からのコロナ渦で、今はもっと下がっているかもしれないと、私は由恵さんに告げました。

「えっ、そんなに低いんですか……」

ガックリと肩を落としたようでした。そこで、私は言いました。

「由恵さんの会社にいる男性は、日本の中でもトップクラスの年収を稼いている人たちです。そこを基準にしないほうがいいですよ」

由恵さんは結局、入会はせずに帰って行きました。

高学歴で高年収の女性は、自分と同等か自分よりも高い学歴と年収をお相手に望みます。
日本全体の男性を見たときに、そもそもそうした好条件の男性は、ほんの一部。
また、歳を重ねるほどに好条件の男性は結婚をしていきますから、お相手探しがますます困難になっていきますよね。

(以下略、全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f1743558991eb4fc774af8439aa1cff99859070

引用元: ・【社会】「男性の年収」が先に提示される “婚活” の厳しい現実…低年収の男性には会おうとすらしない女性が多い [ボラえもん★]

続きを読む

こちらもご覧ください