最新ニュース一覧






























































カテゴリー
「地球の内核の中には未知の構造が存在する可能性がある」との研究結果



1000: 以下名無しにかわりまして管理人がお届けします 2021/03/07(日) 00:00:00.00 ID:lArugori
taitoru

地球はいくつもの層が重なり合った構造をしており、外側から地殻・マントル(上部マントル・下部マントル)・外核・内核と呼ばれています。新たに査読付き雑誌のJournal of Geophysical Researchに掲載された論文では、地球の一番内部にある内核には、これまで知られていなかった構造が存在する可能性が示唆されています。
地殻の下の内部構造に関する科学的理解は、地形や海底の観測、地表に露出した岩石の観察、火山活動により地表へ出てきたマグマなどの調査、内部構造を通って伝わる地震波の分析、重力や磁場の測定といった研究に基づくものです。オーストラリア国立大学の地球物理学者であるジョアン・スティーブンソン氏は、「地球には地殻・マントル・外核・内核という4つの主要な層があると教えられてきました」と述べています。

根気強い間接的な観測によってこれらの層が存在することはほぼ確実だとみられているほか、地下5100~6400kmに位置する内核は月と同じくらいの大きさであり、その温度は5000度以上に達することもわかっています。非常に高温の内核が溶けることなく固体の状態を保っているのは、特殊な原子拡散パターンによるものだとの研究結果もあります。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazin 3/5(金) 17:00
https://gigazine.net/news/20210305-hidden-structure-inside-earths-core/

引用元: ・「地球の内核の中には未知の構造が存在する可能性がある」との研究結果

サムネ画像引用元: Wallpaperbetter

続きを読む
こちらもご覧ください