最新ニュース一覧




























































カテゴリー
東京五輪組織委、コンドームを配る理由を説明 「選手村で使うのではなく、母国に持ち帰って啓発に」



1: 腕ひしぎ十字固め(神奈川県) [GB] 2021/05/27(木) 21:16:11.17 ID:1hq9/iwf0● BE:123322212-PLT(14121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、東京大会中に選手村でコンドームを配布する目的と趣旨に言及した。

五輪選手村ではHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染予防を目的に1988年ソウル大会から配布する習慣が始まった。

今大会は国内コンドームメーカー4社が約4万個ずつ、合計約16万個を配布する予定だが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から問視する声もある。
一部では「濃厚接触を助長する」との声もあるが、組織委は「選手村で使うというものではなく、母国に持ち帰っていただき啓発にご協力いただくという趣旨・目的のもの」と説明。
その上で「HIV(エイズ)はアスリートをはじめ若者の未来を奪う病気であり、差別や貧困も生んでいる。IOC(国際オリンピック委員会)がその撲滅のための
啓発活動の一環として行っている」と話した。2004年からは国連とも連携した取り組みになっているという。

組織委は「IOCからは引き続き実施するよう求められている」としたうえで「東京大会においては、こうした趣旨・目的を踏まえながら、
配布方法等について現在検討中です」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba090fe7f9d2cbd65283ad20a3fb9a23687f0f10

引用元: ・東京五輪組織委、コンドームを配る理由を説明 「選手村で使うのではなく、母国に持ち帰って啓発に」

続きを読む

こちらもご覧ください