最新ニュース一覧

































































カテゴリー
【自動車事故】不可能であるはずの「完全無人運転」がテスラ車では簡単にできてしまうと判明 安全機構は「簡単にだませる」



1: すらいむ ★ 2021/04/23(金) 13:03:59.97 ID:CAP_USER
テスラ車は不可能であるはずの「完全無人運転」が簡単にできてしまうと判明

2021年4月17日、2019年型のテスラSが道を外れて木に衝突し、炎上して2人が死亡するという事故が発生しました。
この事故で特に話題を呼んだのが、テスラSには「運転席が無人の際にはオートパイロットシステムを作動させない」という安全機構が存在しているにもかかわらず、問題のテスラSが事故の際に運転席が無人だったという点でした。
この謎についてアメリカの代表的な消費者情報誌のコンシューマー・レポートが独自調査を行った結果、運転席の無人状態を検知する安全機構が「簡単にだませる」と判明しています。

Tesla Will Drive With No One in the Driver’s Seat – Consumer Reports
https://www.consumerreports.org/autonomous-driving/cr-engineers-show-tesla-will-drive-with-no-one-in-drivers-seat/

Tesla’s Autopilot is ‘easily’ tricked into working without anyone in the driver’s seat – The Verge
https://www.theverge.com/2021/4/22/22397546/tesla-autopilot-consumer-report-test-no-driver

2021年4月17日、アメリカ・テキサス州スプリングで2019年型のテスラSが木に衝突して大破した上に炎上し、車内にいた2人が死亡するという事故が発生しました。
この事故の調査を担当したハリス郡警察署は、「綿密な鑑識の結果、遺体の位置からみて、運転席には誰もいない状態だったことを100%確信している」と言い切り、問題のテスラSが何かしらの理由で運転者不在のまま走行していたと主張しました。

この一件についてテスラは公式回答を控え続けており、唯一の回答と呼べるものは同社のイーロン・マスクCEOがツイートした「回収されたデータログによると、問題の車はオートパイロットが有効化されておらず、オートパイロットをオンにするために必要な車線も存在しない道でした」という、「問題のテスラSは事故時にオートパイロットを使っていなかったと考えられる」という主張のみという状況でした。

一連の事件の動きに対して、独自調査に乗り出したのがコンシューマー・レポートです。コンシューマー・レポートは「重りをつけたチェーンをハンドルに結びつける」というシンプルな手法で、安全機構が「ドライバーがハンドルを握っている」と認識したままオートパイロットを有効化し続けると実験で示しました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年04月23日 11時25分
https://gigazine.net/news/20210423-tesla-drive-with-no-driver/

関連スレ
【自動運転】テスラ社の「Model S」、運転席無人走行で木に衝突して炎上 2人死亡の報道
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1618800516/

引用元: ・【自動車事故】不可能であるはずの「完全無人運転」がテスラ車では簡単にできてしまうと判明 安全機構は「簡単にだませる」 [すらいむ★]

続きを読む

こちらもご覧ください