最新ニュース一覧




























































カテゴリー



1: すらいむ ★ 2021/02/26(金) 10:31:12.35 ID:CAP_USER
NASAの太陽探査機が撮影した金星夜側の画像、研究者を驚かせる

 2020年7月11日(現地時間、以下同様)、アメリカ航空宇宙局(NASA)の太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」は3回目の金星スイングバイを実施しました。
 スイングバイとは惑星などの重力を利用して軌道を変化させる手法のことで、パーカー・ソーラー・プローブでは全部で7回の金星スイングバイが予定されています。

 2021年2月25日、NASAは前年7月の金星スイングバイ時にパーカー・ソーラー・プローブの広視野カメラ「WISPR(Wide-field Imager for Parker Solar Probe)」によって撮影された金星の画像を公開しました。
 こちらがその画像で、およそ1万2400km離れたところから見た金星の夜側が画像の左側に収められています。

 画像には大気中の酸素原子が夜側で結合して分子になる際に放射される大気光らしきもののほかに、標高の高い地域であるアフロディーテ大陸が捉えられています。
 NASAによるとアフロディーテ大陸は周辺の地域と比べて摂氏30度ほど温度が低く、そのために画像では暗く写っているといいます。
 また、引っかき傷のように見える何本もの線は荷電粒子や太陽光を反射する塵などによるものと考えられています。

(以下略、続きと画像はソースでご確認下さい)

sorae 2021-02-25
https://sorae.info/space/20210225-venus.html

引用元: ・【天文】NASAの太陽探査機が撮影した金星夜側の画像、研究者を驚かせる [すらいむ★]

続きを読む

こちらもご覧ください